• HOME
  • 施行事例・ギャラリー
  • スタッフ紹介
  • 価格について
  • ショールーム
  • 会社概要

ご来店予約はこちら

新築・注文住宅

施工事例

  • 新築・注文住宅
  • リフォーム/リノベーション

S-collectionのこだわり

  • Sコレクションの家づくり
  • デザイナーの想い
  • 家づくりの流れ
  • 価格について
  • Sコレクション性能・工法について
  • コンセプトハウス
  • よくあるご質問

スタッフブログ

専属スタッフが、
設計や日々のことをつづっています。

家づくりレポート

進行中の施工現場の「今」をお伝えします。

Information

女性デザイナーによる
名古屋の注文住宅 Scollection

〒460‐0012
名古屋市中区千代田3丁目22番9号

【営業時間】
平日…9:00~17:00
土・日・祝…事前予約制
年末年始、お盆休み

0120-182-417

  • Sコレクションスタッフ募集中!

Sコレクション性能・工法について

Sコレクションの家 HOME › Sコレクション性能・工法

デザイン、ローコスト、機能性だけではない、地震に強い耐震等級2以上の家づくりを。

お客様のご要望に100%お答えするため、
幅広いこだわり工法をご用意しています。

  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨造
  • 木造従来工法
  • 木造ツーバイフォー工法

1.鉄筋コンクリート造

一層向上させたコンクリートを使用しております。
耐久性
コンクリートの耐久性を高めることが出来ます。(ひび割れにも対応)
水セメント比を押さえる
安定性、耐震性を向上させることができます。
直接基礎工法
強固な地盤に杭を打ち込みます。
強固な基礎構造
建物をしっかり支えます。
せんだん補強筋フープを使用
大きい被り厚は耐久性と寿命を高めています。
コンクリートの寿命と耐久性を配慮した被り圧
地震に強いダブル配金にしています。
ダブル配筋
(壁厚180mm以上)
2重床、2重天井構造により遮音性が向上します。
2重床、2重天井構造
開放感がさらに向上いたします。
柱の出っ張りが出ない
アウトフレーム工法
耐震性や遮音性を向上させ、快適な住空間を実現しました。
すっきりした天井を可能に
したボイドスラブ工法
空間にいっそうの開放感をもたらします。
逆梁工法による
ハイサッシと高い天井
外壁の要所に誘発目地を設けて外壁の伸縮を吸収し、ひび割れを生じにくくしています。
ひび割れが生じにくい誘発目地

2.鉄骨造

万一の地震にも揺ぎない安心。頑強でしなやかな重量鉄骨。

接合する部分が剛接合されているものでラーメンとは、ドイツ語で額縁を意味します。
ラーメン構造のしくみ
防錆処理で鉄骨の優れた性能を維持しています。
防錆処理
優れた耐震性を発揮するゆとりの室内空間が可能です。
ゆとりの室内空間
横揺れやねじれに柔軟に対応します。
カーテンウォール工法
基礎と柱を一体化して支えます。
鉄筋コンクリート造基礎

3.木造従来工法

安心して暮らしていただくための基礎・構造のこだわり。

耐久性のある檜材を使用しています。
耐久性のある檜材
家屋全体を支える土台、通し柱(1階~2階)に一般の木造住宅の約1.2倍以上の太さの檜材を使用。
3.5寸角以上の骨太構造で、安心の家造りが実現。
檜3.5寸角以上への
こだわり
高耐久・高耐震住宅の基礎となります。
  当社の基礎は、ベース配筋D-13を20cm幅以内で配筋した鉄筋コンクリート造り。
鉄筋コンクリート構造
ベタ基礎
1.2の床組下地に12mm厚の構造用合板直接接合しています。
1.2階床に剛床工法
(構造用合板12mm)
(全周タイプ)省エネ・耐久性を高める床下換気
基礎パッキンロング
木造住宅の接合部の強度を高めます。
耐震金具
優れた耐震、耐火性を発揮します。
耐力面材「かべ震火」

4.木造ツーバイフォー工法

大地震に耐える家

地震の際の地震力を6面全体で受け止め、揺れを抑制しバランスよく吸収し、
さらに6面接合部から力を分散。建物のねじれ、変形、倒壊を防ぎます。
面で支えるから地震に
強い2×4住宅
厚さ12mmのさね付き合板を使用しています。
高い耐久性・耐震性を
発揮する強い糸
耐震性はもとより、湿気を抑えるはたらきもあります。
家の全荷重をどっしり
支えるベタ基礎構造
耐久性を向上させ、シロアリを寄せつけません。
耐震性の高いくぎ、
金物を使用
次世代省エネ基準を超える優れた経済性を実現します。
高断熱の2×4工法を
いっそう高性能に
次耐久性の向上に役立っています。
耐震性の高いくぎ、
金物を使用
  • 価格について
  • 施工事例・ギャラリー
  • 家づくりの流れ

ページの先頭へ