• HOME
  • 施行事例・ギャラリー
  • スタッフ紹介
  • 価格について
  • ショールーム
  • 会社概要

ご来店予約はこちら

新築・注文住宅

施工事例

  • 新築・注文住宅
  • リフォーム/リノベーション

S-collectionのこだわり

  • Sコレクションの家づくり
  • デザイナーの想い
  • 家づくりの流れ
  • 価格について
  • Sコレクション性能・工法について
  • コンセプトハウス
  • よくあるご質問

スタッフブログ

専属スタッフが、
設計や日々のことをつづっています。

家づくりレポート

進行中の施工現場の「今」をお伝えします。

Information

女性デザイナーによる
名古屋の注文住宅 Scollection

〒460‐0012
名古屋市中区千代田3丁目22番9号

【営業時間】
平日…9:00~17:00
土・日・祝…事前予約制
年末年始、お盆休み

0120-182-417

  • Sコレクションスタッフ募集中!

デザイナーの想い

Sコレクションの家 HOME › デザイナーの想い

企画立案&設計部門

設計企画 原 千加

設計企画 原 千加

資格

一級建築士
インテリアコーディネーター
カラーコーディネーター
応急危険度判定士

現在子育て真っ最中 子供と過ごす時間を大切にしています。

大学生のときに受講した住居学の講義…初めて出会った分野は私にとってとても衝撃的かつその世界に吸い込まれていくような感じがしました。
その講義の90分間はとても魅力的時間であり、学んだ住宅コーディネートを仕事にしたいと強く願いました。
今思うと、それが今の私の原点です。
現在の私は母親として子育てに奮闘中です。その母として、そして女性としての視点でしか見えないもの、感じ取ることができないものを取り入れた注文住宅を一緒につくりあげていきたいと思っております。

デザインの流行はエッセンス。
女性の設計として、男性設計者が見落としがちになるポイントはどこだと思いますか?
家事動線です。
料理する時の流れ、洗濯した物をハンガーに掛けるまでの動き、掃除のしやすさ、そして収納力ですね。
具体的にどのように設計や施工に反映されるのでしょうか?
調理については、利き手を意識して設計を行なったりします。字は右で書くけれど、包丁は左で持つという方は少なくありません。
洗濯ものは外の風にあてたいか、家の中で干したいかなど、また乾いた物はどこへ収納したいのかを聞きます。
そして収納は、出来るだけゆとりをもって設けるようにしています。掃除する時の流れや、ここにこんなものを収納出来たらいいなという所に計画していきます。日常の家事動線が楽で、流れが単純であるほど負担が少なくなるので一番気を使います。

また施工現場では、例えば、スイッチやコンセントの位置など現場で1つずつ確認しながら決定していきます。
図面上だけでは、分かりにくい所もあり現場でスイッチのON/OFFを実際にイメージしていただいています。
実際にお客様と打ち合わせではどのような事を聞いていくのでしょうか?
どの様にプランを産み出されるのですか?
現在までにお住まいになった経験で、不便だと感じたこと、反対にこれは良いと思った事をよく聞きとるようにしています。その上で、「これからこうしたい」という方向性を明確にし、お客様に合わせプランに反映させています。
これからもライフスタイルや流行は変化し続ける可能性もあります。特に”デザイナーズ”は流行に左右されやすい中Scollectionのブランドをどのように変化・成長させていこうとお考えでしょうか?
ライフスタイルは、年月とともにそこに住まわれる方と同様に変化し続けるものと思います。
“可変性”という言葉が建築にも使われるようになってきていますので、お施主様の”今”のみを見るのではなく、”これから先”も見据えてご提案することを心掛けています。
そして、その中にエッセンスとして、”流行”を取り入れていきたいと思っております。

くわしい資料をお送りします

下記資料請求フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。 Sコレクションの家についての資料を送付いたします。
個人情報のお取り扱いについては、プライバシーポリシーの内容をご確認ください。
しつこい勧誘・強引な勧誘は一切いたしません

お問い合わせ内容必須
お名前必須 例:佐藤 太郎
お名前(フリガナ)必須 例:サトウ タロウ
郵便番号必須 例:4600012 (半角英数字で入力してください。)
ご住所
E-mail必須 例:s-collection@sato-group.co.jp

(※ご確認のため、もう一度ご入力ください)
お電話番号必須 例:0120-182-417
電話連絡の際の
ご都合の良い時間帯
例:平日の12時~13時
コメント
お客様のご意向やご質問などがありましたら ご自由に記載ください

ページの先頭へ